スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界のバートンから注目のフラキン!!
IMG_1792.jpg

先日Dave Downingがお店に手稲の滑りの帰り遊びに来てくれました。
タイミング悪く、011の追い込みで事務所で仕事で彼に会えませんでしたが、来てくれたことが嬉しかったです。最初に店にくるなり、サーフボードに興味津々。最初に手に取ったのは、NEW FLYER(笑)だったらしい。
でもその後、011の定番モデルFLAT KINGを気に入ったらしく、かなり細かくチェックしてました!彼もいろんな店に顔を出して、日本のマーケット勉強してるのか。そこで011が気になるってことは、凄くメーカー冥利につきるの一言。フラットキングが出た当時7〜8年前か!?そのときはデイブじゃなけど、当時のバートンの日本のプロダクト担当が神田の某SHOPでフラットキングを購入していった話をスタッフから聞いた。
ここからは少し長くなりそうなので、興味ある方のみどうぞ!!
多分、アラフォー世代しか、彼の滑りを知らないと思う。実際若いボーダーに聞いても知らなかったし、ただのメーカーの開発のおじさんくらいにしか思われてないと言う感じ。残念ながら。。
Daveは確か、元プロサーファーで、俺の記憶だと、最初に映像メディアで見たのは、もう20年くらい前の、初期のTBシリーズかマックダウの(2プロダクションとも、昔の伝説ビデオ、TBはトータリーボーディングの略で、フリーランディング、フリースタイル全てのスノーボーディングを伝える感じで、マックダウは、ちょっと悪い感じでバリバリフリースタイル感)のVHSだった。そのどっちかは忘れたけど、彼が「I am 26years old…」って言ってので、結構遅咲きのプロスノーボーダーなんだなと思っていた。噂だと、バートンの営業の仕事をやっていて、スノーボードがうまいからライダーになったみたいなことを昔聞いたような。(間違ってたらごめん)
ちょうど、前日ルスツでバートンの来期展示試乗会があったので、プレゼン会場で、彼にあったのだけど、人柄も良くて、彼の使っているPHOTONってブーツが気になったので、「Can I show me the boots?」ってきいたら、超笑顔で、BOAのシステム、締め方などをわざわざ、近くまで来て、説明してくれた。あとで、いろいろブーツを履き比べてみたけど、自分の使っているFLOWのHYLITEに近い履き心地だった。
それに、また、昔話になるけど、2000年に発売されたTB9「VHS」で、今でこそ、BCブームで、みんな使っているっていうか、各メーカーが真剣に取り組みはじめたスプリットにもいち早く商品化している。確か?カスタムのスプリットボードを使った映像(緩斜面からピークまでを登っているところ超早送りして、上手い見せ方で、気持ちいいパウダーを滑っていたのをもの凄く印象的に覚えている。)その後バートンでスプリットはすぐ消えたけど、時代は繰り返すってことかな?
それにニクソンジブフェストもJPと一緒に企画したりもしているので、アイディアと行動力を両方もった素晴らしい、 フリーライディングだけじゃなくて、ジビングもこなす、オールラウンダーだと思う。ライダーをしてもメーカーの人間としても、尊敬します。
今でも、バートンのプロダクト開発の担当をして実際に商品のプレゼンをしても、説得力がある。
仕事もできて、スノーボードも上手くて、サーフィンもいまだ現役まさに最高の人生を送っていそうなオーラがにじみ出ていた。
シャノンダン(元バートンのレディースの看板ライダー)と結婚して、子供も2人いて、これから家族で日本でスノーボードを楽しむみたいなことも言ってた。いいね!
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://011artistic.blog15.fc2.com/tb.php/2356-88daa221
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。